So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

画面外に切れてしまった糸電話 [韓国ドラマ/韓国関係]

昨日は5月の第1日曜日で,スカパーの開放デーだったのかは知らないが,つけてみたらKNTVが映ったので,「恋愛時代」の第6話を録画しておいた。それを観ていて気が付いたのは,オ・ユナの娘がカム・ウソンに,糸電話でパパになってくれと頼むシーン。このドラマは,韓国でHDワイド版(16:9)でも放送されているため,KNTVの4:3の画面では,両サイドが切れてしまう。普通はあまり気にならないのだが,このシーンの直前,カム・ウソンがベッドで本を読んでいるところで,画面左端に,窓のサッシの隙間からぶら下がる糸電話が突然上昇しはじめ,サッシにぶつかって「パコッ」と音がする部分がギリギリ切れてしまっている。そのため,画面上では最初単に物音に驚いたように見えてしまうのだ。せっかくの面白い演出効果なのに,ちょっと残念である。この辺り,DVDだとどうなる(なっている?)のだろう。

もうひとつ,第6話の終わりの方の,ホテル・マンのあんちゃんとそのお父さんとの会話で,なぜお父さんが姿を見せなかったのかの説明が,ネットで出回っている英語字幕(公式なものではなくて,ファンが勝手に訳したもの)とは若干違っていた。おやっ,と思ったが,よく韓国語を聴いてみると,日本語字幕の方が正しそうだ。ちょっと事情が特殊で,映像から正しく推定しにくいこともあるが,伝言ゲームのように,韓国語から英語,英語から日本語,と2段階を経るうちに,元の意味が微妙に変わってしまうのだろう。英語→日本語の部分は,私の英語力の問題もある訳だが。そういう意味では,もっと耳と韓国語力を向上させないと,複雑なドラマをちゃんと理解するのは難しいと実感した。ちょっと前にやっていた「外科医ポン・ダルヒ」も観てみたいのだが,専門用語が多いので尚更難しそうである。医者の専門用語なんて,日本語だってよく分かりはしないのだが,それでもなんとなく理解できてしまうあたりが,母国語の強みなのだろうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0