So-net無料ブログ作成
韓国ドラマ/韓国関係 ブログトップ
前の10件 | 次の10件

民主党は謝罪がお好き [韓国ドラマ/韓国関係]

外務相の岡田が,韓国併合について「謝罪は当然」と述べたというasahi.comの記事。はたまた,菅直人が「痛切な反省」という談話を発表した記事

驚きましたなぁ。民主党の連中は,よっぽど韓国のことが大事と見える。韓国人の血でも混じってんのか? いくら自民党と違う立場を取る必要があるからと言って,明らかに国益を損なう売国奴的行為。韓国を併合した事情や時代背景を,本当に理解しているのか? 謝罪することが外交だとでも思っているのか? 自民党以上の外交音痴である。子ども手当に執着していることといい,史上最悪の政府と言っても過言ではないだろう。

世の中に,これだけペコペコ誤り続ける国がどこにあるのだろう。謝るのが潔いなんて考えている国民が多いのだとしたら,まったく馬鹿である。そもそも韓国は日本と仲良くやっていこうなどとは端から考えていない。今回の謝罪くらいでは到底納得しないし,仮に納得したとしても,また別件で謝罪を求め続けるだけだ。日本は,韓国にとって内政的に重要な仮想敵国であり,日本を見下すことが究極の目的なのだから。こんな分かりやすい国もないと思うのだが,どうして分からないのだろうか。日韓併合以前,数百年の長きに渡って属国として虐げられてきた中国に対して,何故何も言わないのか,考えりゃ分かりそうなもんである。

政治音痴のクセに,利権には人一倍熱心な連中に,誰か引導を渡してくれないもんだろうか。次の衆議院選挙までに,日本はめちゃくちゃになってしまいそうだ。

民主党政権じゃ,この秋完成予定の「安重根記念館」に,国家予算から寄付でもしかねんな。


見るも無惨な「白夜行」 [韓国ドラマ/韓国関係]

韓国映画 白夜行(2DISC)/ DVD
韓国版「白夜行」DVD。
ジャンルが「スリラー」って...。

ひと月ほど前のことだが,昨年公開の韓国映画「白夜行」のDVDがようやく発売されたので,YesAsiaで購入してみた。

韓国ドラマも韓国映画も,もううんざりしているのだが,主演がソン・イェジンなので,こればっかりは観ないわけにはいかない。しかも,いわずと知れた東野圭吾の名作の映画化。文庫本で,900ページ近くにもなる大作を,2時間程度の映画で一体どうやって映像化するのか。韓国の映画製作レベルでまともなものが出来るとは想像しがたいが,やっぱり気にはなる。

で,観てみた。

...なんじゃこりゃ。想像通りとはいえ,あの名作をよくもここまで陳腐化できたものだと,呆れるほかない。監督は原作をちゃんと読んだことがあるのだろうか。理解力が足りないのか,翻訳が悪いのか分からないが,肝心の所がまったく分かっていない。確かに,原作は第三者視点オンリーで,事実は何一つ直接描かれていないという特殊な構成だが,特に難解な訳ではないはずだ。これはもはや「白夜行」ではない。百歩譲って原作を忘れたとして,こんな薄っぺらなストーリーで,どこに感動しろというのだろう。

メイン・キャストの2人の配役はいいと思うんだけどねぇ。イメージ的には,ソン・イェジンの雪穂役は悪くない。綾瀬はるかといい勝負だ。でもキャラクターが弱い。単に美貌で男をたぶらかすだけ? 韓国で貧乏な女性が成功するには,玉の輿しかないってことなんだろうか。韓国ドラマの定番だね。亮司役のコ・スも,見ため的にはいいと思ったんだけど,軟弱すぎ。うじうじして,ウザい。あんまり役に立ってないし,どうやったら2人は強い心の絆を築けるんだろう。原作をどう読んだら,こんなキャラクターになるのやら。韓国風にアレンジしたつもりなのかも知れないけど,台無し。笹垣刑事に至っては意味不明。なんで子供を死なせる必要があったのやら。自分が納得できないというだけで,刑事が20年近くも事件に執着し続ける,というのが,韓国的には理解できないのだろうか。それと,亮司のお母さん。最後に刑事に息子を引き渡すようなことをする辺り,自分以外は身内でも信用しきれない,韓国国民性の真骨頂かも。

ストーリー的にも,いろいろと突っ込みどころが満載。原作と違って,15年の時効をやたら気にしてるけど,直近で何人も殺してるんじゃ? 継子を襲わせるところも,あれだけじゃ薄っぺら過ぎる。過去の繰り返しがあってこそなのに。単にイェジンちゃんのヌード(背中しか見えないけど)が映像に欲しかっただけとしか思えない。最悪なのはラスト・シーン。原作と一緒だけど,最後の台詞は,躊躇なく毅然として言わないといかんだろう。決定的に原作の設定を理解できていないところだと思われる。そもそも,ミステリーなのに,全然ミステリーになってないし...。

というわけで,韓国版「白夜行」は駄作中の駄作。イェジンちゃんの出演作をコンプリートする目的以外に,観る価値はない。まともに映像化できないんだったら,日本の原作なんて使わないで欲しいな。陳腐なストーリーなら,国内に書く人がいくらでもいるだろうにね。


知ったかぶり [韓国ドラマ/韓国関係]

朝,日本テレビのワイド・ショーの中で,秋田県が韓国人観光客で賑わっているという話題をやっていた。イ・ビョンホンが主演している「アイリス」とかいうドラマが,秋田でロケをしたのが理由らしい。韓国人の団体客がわさわさいると思うと,正直秋田には近寄りたくないと思ってしまうが,地元がそれで潤って喜んでるなら,まぁいいことなのだろう。

コメンテーターによると,「アイリス」には制作費15億円がかけられているそうだ。一体どこが金を出してるんだろう。っていうか,何にそんなにお金がかかってるの? 俳優のギャラか? そのコメンテーター曰く,「韓国ドラマが素晴らしいのは,それだけしっかりお金をかけているからなんですねぇ」とか何とか。アホですか? お金さえかければいいドラマができると本気で考えているのだとしたら,不見識極まりない。さらに,一般論として「韓国ドラマは素晴らしい」なんて発言するのは,評価眼のないことを自ら告白しているようなもんだ。まぁどうせろくに観たこともないんだろうけど。局に言わされているのかと思いきや,「アイリス」の放送権は,地上波もBSもTBSが持っているっぽい。

このコメンテーター,ふだんは政治やら経済やらの問題を偉そうに語っているわけだが,底の浅い人物だと言うことが露見してしまったようだ。ろくに知りもしないことを,適当にベラベラしゃべってもいいことはないね。そういえば,子ども手当についても,「マニフェストに掲げたのだからやるべき」とか,ふざけたコメントをしてた奴だっけ。そんなんでも,TVに出て喋れば,そのまま鵜呑みにしてしまう視聴者がゴマンといるわけで。やっぱりワイド・ショーってのは無用の長物,というより百害あって一利なし,ですな。

ところで,田沢湖の畔に,なんだか金きらの像が不自然に建ってるなぁ,と思ったら,「たつこ像」というらしい。像の芸術的な評価はともかく,あまり趣味がよいとは思えないのは私だけだろうか。たつこ姫の伝説そのものは由緒正しいのだろうが,ああいう形であそこに置いておくのはねぇ。田沢湖の自然の風景を楽しみたい人にはちょっと...。日本人って,どうして自然の姿をありのまま残して,それを楽しむことができないのだろうか。


「テロ」に屈する国 [韓国ドラマ/韓国関係]

高校の教科書から,竹島の領土問題に関する記述を取り除くことにしたとか。

韓国じゃ,国を挙げて,竹島が韓国の領土だと主張するキャンペーンを大々的にやっていて,教育現場でも執拗に刷り込みを行っているばかりか,現地を武力で不法占拠しているというのに,なんなんだ,この弱腰は。自分たちがやっていることを棚に上げて,日本には話題にすることも許さないというこの傲慢さ。日本人はもっと怒るべきだ。

竹島の領有権を主張すると,韓国で大使館が襲われたり,駐日大使が帰国したり,一部の在日韓国人が暴力的な抗議行動を起こしたりするから,そういう面倒を避けたかったのかも知れないが,こういうことって,武力占拠も含めてある種の「テロ」なのではないか? 日本は簡単にテロに屈する国だと思われても仕方がないね。コトは領土の侵攻である。あんな「岩」みたいなものいらない,と思っている人もいるのかも知れないが,一旦屈してしまったら,流れができてしまう。そのうち,日本の本土も,韓国の領土だと言い出すかも知れないよ?

毎度のことながら,マスコミも腑抜けだ。「友愛外交の方針の一環」とかいってる場合ではない。何でもっと本質的なことを報道しないんだ? やっぱり「テロ」を怖れているのか? 「テロ」を怖れて真実を報道できないなら,廃業すべきだ。都合のいい時ばかり,「真実を報道する権利・義務がある」とかいっちゃって。

第2次大戦で敗戦した後,日本に流れ込んできた韓国人に,どれだけ酷いことをされたか知らないのだろうか。今だって,自分たちに都合の悪いことが決まりそうになると,卑劣で暴力的な抗議行動を起こす連中がいるのだ。そんな連中に,地方参政権を認めようなんていってる輩がいるのだから,お目出度いというか,お人好しというか,バカというか。売国奴と呼ぶほかはない。

何が友愛外交だか。この厳しい時代に,どの国も国益を守ることに必死なのに,脳天気な平和主義で,対等な外交が出来るはずはない。友愛外交なんていうのは,もっと国力も充実して,発言力の大きい国が,他国を見下ろしてやることだ。今の日本にそんな力があると? いい歳して,ママから12億もお小遣いをもらえる家の子供の頭の中なんて,所詮そんなもんかね。まぁ,官僚からして事なかれ主義の売国奴ばかりなのだから,上が誰になろうが変わらないのかも知れないが。まったく,先が思いやられますな。


暗殺者を讃える国 [韓国ドラマ/韓国関係]

朝鮮日報に,安重根の墓捜索に関する記事が載っている。

他国の首脳の1人である伊藤博文を卑劣にも暗殺した実行犯を「義士」と讃え,伊藤が韓国のために尽力した事実と歴史を捻じ曲げて伝える。所詮それが韓国という国だ。日本と韓国の間には,未だ正しく認識されていない暗黒の歴史がある。韓国が過去に拘る以上,両国の間に望ましい友好関係はありえない。俳優風情が鳩山を訪問しようが,夫人の流暢な韓国語の挨拶が好感を持たれようが,そんな表面的ものは,日韓関係になんの変化ももたらさない。「友愛外交」とか寝惚けたことを言っている連中では,上手くあしらわれて,向こうの有利な展開に持ち込まれるのが落ちだ。

民主党の問題は,国内での支持を伸ばせなかった時期に,韓国や中国に擦り寄っていたことだ。政権を取って,その恩返しをしようと思っているとしたら,まさに売国奴的行為である。首相をはじめ新任の大臣らから,民主党の政策が支持されたと認識しているかのような発言が相次いでいることは,極めて憂慮すべきことだ。今回の政権交代は,韓国や中国の支援でなく,民主党の政策が支持された訳でもない。単に,自民党を野党に落とすために使える対抗勢力が,ほかになかっただけだ。民主党が政権を取るリスクの方が,自民党の暴走が続くリスクより低いと,国民が判断しただけのことだ。勘違いをしたまま,外国人参政権や人権擁護法案などを成立させるようなことがあれば,日本は滅茶苦茶なことになってしまう。世論がとんでもない間違いを犯したことに気付くのは,取り返しが付かない状態になってからだろう。

参議院の議席数の関係で,議席数の少ないいくつかの党と,連立を組まざるを得なくなったのは,不幸中の幸いだ。与党内で足並みが揃わず,結局何も決まらないまま終わることが,最も望ましい形なのかも知れない。「子ども手当」のような,行政の役割として間違った愚策は,そのまま通ってしまうかも知れないけれども。まったく,あんなものを考え出すこと自体,政治家としての見識を疑わざるを得ませんな。喜んでいる国民もまた然り。いい加減,衆愚から脱却しないとね。


「嫌韓流」 [韓国ドラマ/韓国関係]

マンガ嫌韓流

世間的には今さら感があるかもしれないが,初めて「マンガ嫌韓流」を読んでみた。韓国の知識をつける前に,先入観を持ちたくないと思って,敢えて避けていたのである。ここ数年,ドラマを初めとする現地のTV番組や,新聞記事を読むことで,自分なりの認識とイメージを形成してきたわけだが,この本に書かれていることは,私の認識と大筋同じものだ。この本に対して,あれこれ批判をしている人がいる(いた?)みたいだが,その人たちは,韓国に所縁のある人か,他人を悪く言ってはいけないという道徳観念の持ち主か,私よりもろくに韓国の知識を持たない人だろう。

はっきり言って,ここに描かれていることのほとんどは,詳細な内容を除けば,私にとって新しいことではない。でも恐らく,ほとんどの日本人や,韓流スターに浮かれている人々には,まったく知らないか興味のない話だろう。しかし,いたずらに韓国批判を煽るためでなく,この程度の知識はすべての日本人が持っておくべきだと思う。面倒だからといって,ぎゃんぎゃん吠える相手に対して,少しずつ譲歩してしまう姿勢は,どちらの側にとってもよいことではないし,今のままでは50年経っても真の友好関係など結べないだろう。

韓国併合やら従軍慰安婦などの話を持ち出されると,自分がやったわけでもないのに,妙に後ろめたさを感じて反論もできない日本人的道徳観は,単なる思考停止に過ぎない。自国の歴史を正しく認識できず,すべてを日本に責任転嫁する韓国も同様。しかしまぁ,それにしても厄介な国が近所にあったものだ。


凶悪なWebShell [韓国ドラマ/韓国関係]

先日,Yahoo!コミックのことを書いたが,遅まきながらとんでもないことが分かった。Yahoo!コミックを初めて利用する時にインストールされる,"WebShell"というソフトウェアが,実に凶悪なものだったのである。

"WebShell"は,韓国のテルテンという会社が開発したActiveXで,Webで提供されるコンテンツの保護を実現するためのものという触れ込み。具体的に何をするかといえば,画面キャプチャできないようにしたり,HTMLのソース・コードが見えないようにしたり,などなど。例えば,Yahoo!コミックのビューアを起動して,コミックのページをキャプチャしようとすると,キャプチャしたはずの絵の代わりに,テルテンのロゴが取り込まれてしまう。画面キャプチャの防止なんて,別に難しくなさそうに思うかも知れないが,現実にはふつうのやり方では不可能。スクリーンはWindowsのシステムが管理しているわけだから,Windowsでそういう機能が提供されていない以上,裏技でも使うしかない。その裏技が問題だ。どうも,Windowsの画面描画周りを担当するGDIのAPIをフックしているらしいのだ。つまり,一般のアプリケーションが,自分のウィンドウに描画するためにGDIのAPIを呼び出すと,それを横取りして何か別の処理を勝手に挟み込むのである。

デジタル・コンテンツ保護のためには仕方がない,と思うかも知れないが,そんな単純な話ではない。キャプチャできないのは,コミックのページだけでなく,全スクリーンなのだ。つまり,どこかでひっそりとWebShellがアクティブになっていると,すべてのアプリケーションで画面キャプチャが不可能になるのである。いわば「PCジャック」だ。他人様のPCを,自分の都合で勝手にコントロールし,機能制限をするなんていうのは,「コンピュータ・ウィルス」と同じである。

WebShellの悪行はこれだけにとどまらない。こちらのPDFを見ると分かるように,まさにやりたい放題,手段を選ばずという感じだ。APIフックまでしてるんじゃ,何をされるか分かったもんじゃない。意図的な悪事のみならず,バグがあったらどうなる? データがふっとんだら補償してくれるのか? ソフトウェア開発者の立場から言えば,こいつがいるせいで動作がおかしくなって,自分のところのソフトにクレームでも来た日には堪らん。ユーザはWebShellなんて起動したつもりはないし,もともと隠密活動をするためのものだから,「これから起動しま~す」なんて言うわけもない。ユーザーには何のメリットもなく,単にリスクだけを強いる,クズ以下のソフトだ。なんでも,MSのSilverlightにいち早く対応したらしく,「テルテンの高い技術力を証明」とかなんとかいっているが,犯罪の手口みたいな技術を胸張って自慢されてもねぇ。盗っ人猛々しいとはこのことだ。っていうか,APIフックなんて別に技術的に難しいもんじゃないし,みんな知ってるけど,あまりに悪質だから使ってないだけでしょ。良心回路が働かないところが,さすが韓国の会社だね。

マクロビジョンもCCCDも,「権利保護」を振りかざしたものはみんな凶悪な技術ではあったけど,PCセキュリティという観点で言えば,WebShellはかなり重大な問題をはらんでいる。こんな危険なものを,ろくな説明もなしに半強制的にインストールさせているYahoo! Japanやその他のテルテンの顧客も罪は大きい。ろくに技術を理解せず,売り込まれるままに採用しているのか,あるいは何かあったらテルテンにすべて責任を押しつけるつもりなのかは知らないが,どっちにしろ同罪である。いくら保護したって,どっかから漏れているわけで,コピーを手に入れようとする人間への対策にはなっていないのに,良心的なユーザーばかりが馬鹿を見る。まったくふざけた論理である。

こういう傲慢な権利者に対して,消費者は不買で対抗するしかないのが悲しいところ。でもまぁ,WebShellのリスクに見合うほどのサービスなんてないだろうから,やめておくに越したことはない。因みに,インストールしてしまったWebShellは,"\Program Files\Teruten\WebShell\uninstall.exe"を実行すればアンインストールできる。アンインストーラがあるのは,最低限の良心なのか?

しかし,Yahoo!コミックのビューアがIEでしか動作しないのは,これが原因だったとは。韓国がActiveX天国なのは知っていたが,こんな形で日本も浸食されてきていたんだね。こんなものを,よく確認もせずにインストールしてしまったことが情けない。作ったのも韓国なら,使ってるのもトップが韓国の会社。やっぱりSB系列は油断ならんね。

[追記: 2011-04-01]
その後,Yahoo!コミックはWebshellを使わなくなったらしい。関連記事はこちら


秀吉の唐辛子 [韓国ドラマ/韓国関係]

【韓国の甘唐辛子味噌】コチュジャン 0126PUP10F
コチュジャンは韓国の食卓に必須の食材。このスンチャン・コチュジャンは,家でもよく使うけど,日本だと高いんだよね。

asahi.comの記事より。韓国の食品研究院とかいうところが,「唐辛子は日本から豊臣秀吉が持ち込んだものではない」という研究結果を発表したらしい。

何百年も前の韓国の文献なんかに信憑性があるかもかなり疑わしいが,日本人にとっては別にどうでもいいことだ。韓国人の心の拠り所というか,食文化の原点ともいうべき唐辛子を,日本起源と信じたくない,韓国人の努力が必死すぎて笑える。


正統派美女 [韓国ドラマ/韓国関係]

韓国ドラマ ベートーベン・ウィルス DVD (7Disc)
ベートーベン・ウィルスDVD
(字幕なし)

Mnetで放送されていた「ベートーベン・ウィルス」が,今晩最終回。

オーケストラが舞台で,指揮者が主人公だというので,てっきり「のだめ」のパクリかと思っていたら,とんでもない。何ともお粗末な脚本で,馬鹿馬鹿しいストーリー。以前,朝鮮日報かなんかに,韓国ドラマの新境地とか何とか書いてあった気がするが,新境地どころか,舞台設定が違うだけで,典型的な韓国ドラマのパターンが目白押しだ。所詮韓国では,こういう「専門職」ドラマを,ちゃんとは作れないし,作っても受け入れられないのだろう。最終回もグダグダになりそうな予感がしているが,果たしてどういうオチを付けてくれるのやら。

とかいいながら,ここまで17回も観てしまっているのは,ひとえにヒロイン,イ・ジアの綺麗さに尽きる。こんな綺麗な女優さんいたかなぁ,と思ったら,例の「太王四神記」で抜擢された新人なのだそうな。ペ某出演作は見ないというポリシーなので知らなかった。ちょっと,若い頃の夏川結衣さんに似てるような感じ。あの人も綺麗だったなー。しばらく名前を見なかったのに,最近チュートリアルの徳井とどうのこうのって,話題になってましたな。

そのイ・ジアが,今度「わが愛しのブス」とかいう日韓合作ドラマに出演するらしい。「ブス」と「美人」の二役を演じるのだそうだが,イ・ジアをどうやったらブスに出来るんだろう。特殊メイクでもするのか? 日本だと,美形ではない個性派(?)の女優さんを起用するところなんだろうけどね。美形の女優さんを,制作側の都合で「ブス」と思えと言われても,どだい無理な話。到底感情移入できないんだが...。

しかし,韓国は正統派の美女が次々に出て来ますな。日本だと,単に美女っていうのではダメみたいで,最近は特に個性的な人が多いような気がする。蛯ちゃんなんて,とても綺麗なのに,結局美人モデルから抜け出せないものね。押切もえなんかは人気あるみたいだけど。でも,私的にはやっぱり正統派美女がいいなぁ。それが目当てで,ついついつまらない韓国ドラマを延々と観てしまうわけだが...。

「ベートーベン・ウィルス」がやっと終わったと思ったら,来週から同じ時間帯で「あんぱん」が始まる。チェ・ガンヒがこれまた好きなんだよなー。まぁ,美形ではないかも知れないが。


違法行為 [韓国ドラマ/韓国関係]

花より男子―完全版 (Vol.1) (集英社ガールズコミックス)
花より男子-完全版(1)

朝鮮日報の記事に,「韓国版『花より男子』は法律違反だらけ!?」というのが上がっている。原作にも登場する,未成年者の運転や拉致・監禁など,いちいち例を挙げて,上・下2部構成で解説しているが,馬鹿馬鹿しいというか下世話というか。フィクションなんだし,原作はマンガなんだからさ。そんなしょーもないことを報道してしまう,メディアの未成熟さよ。そんな自明なことを,ネットの質問コーナーとかで質問してしまう,ネット利用者の幼さよ。つーか,他の韓国ドラマだって,多かれ少なかれ違法なものはあるでしょうに。ドラマだけ見てると,未だに韓国は飲酒運転が違法なのかどうか分からないし。刑事とかも,平気で酒飲んで運転してるからねぇ。

まぁ,原作序盤の牧野つくしいじめの手口は,いくらマンガとはいえやり過ぎなんじゃないかと思っていたのは事実だけどね。現実離れし過ぎているから,いくらなんでも真似する輩はいないだろう...とは言い切れない怖い世の中だから...。


前の10件 | 次の10件 韓国ドラマ/韓国関係 ブログトップ