So-net無料ブログ作成

ライブ参戦記: THE LIPSMAX HAPPY DOUBLE BIRTHDAY SPECIAL! (その1) [音楽]

先日書いた記事と順番が前後するが,7/31(金)に行って来た,THE LIPSMAXのライブの話。

この日は,「HAPPY DOUBLE BIRTHDAY SPECIAL!」と銘打たれたライブ@ 下北沢Garden。TOKIEさんと山口美代子さんの誕生日が,いずれも7月ということで,それを皆で祝おうという企画。

対バンも,お二人に縁のある方々。1つは,中村達也とKenKenの"SPEEDER-X"。中村達也はDrumsで,TOKIEさんとは"LOSALIOS"というバンドで一緒に活動してる。もう1つは,やはり女性3人のバンド"tricot"。美代子さんがtricotのサポート・ドラマーをやっていることから,声をかけたらしい。このライブが告知される以前から,美代子さん繋がりでtricotに興味を持っていたので,もの凄く楽しみだった。事前にYouTubeで曲を聴いてみた感じでは,結構好み。しかし,2バンド掛け持ちになってしまう美代子さんは,果たしてこの日tricotのドラムを叩くのか,というのがちょっと心配だった。でも,開演前,THE LIPSMAXの公式Twitterに,美代子さんがtricotのリハをやっている写真がアップされて,ひと安心。ということは,さすがに2バンド連チャンはないだろうし,当然THE LIPSMAXはトリだろうから,演奏順はtricot→SPEEDER-X→THE LIPSMAXだろうと予想が付く。

その予想通り,トップ・バッターはtricot。高校卒業して,部活の先輩後輩でtricotを結成して5年目らしいので,23~24歳くらい? の割には,ちょっと見幼い印象。(実は,先日アップされた中嶋イッキュウさんのブログで,彼女は26歳だということが判明。ってことはキダさんは27歳か) しかし,いきなり切れの良いギターと,パワフルなドラムの音。やっぱりこれはいいかも。YouTubeでいくつか聴いたことがあると言っても,まだ曲名も憶えてなかったので,どの曲をやったのかほとんど思い出せない。ただ,その後いくつかライブ映像を観た結果,記憶に残っているパフォーマンスから,「庭」と「99.974℃」をやったのは確実。「庭」では,途中メンバーが一旦はけて,美代子さんのドラム・ソロになる。その後,tricotのメンバーがマラカスやらサンバ・ホイッスルやらを手に,踊りながら再登場する,というのが定番らしい。この日はバースデー・パーティということで,サンバのリズム(?)の乗せて,「美代子さんTOKIEさん,誕生日おめでとう」(細かいことは忘れたが大意はそれ)のコール&レスポンス。そして,イッキュウさんが前列の観客に配ったクラッカーを一斉に鳴らす,という趣向。なかなかに盛り上がった。そして,「99.974℃」では,イッキュウさんとヒロヒロさんが,「かかってこいや~!」と叫ぶのが,これまた定番らしい。

Bassのヒロヒロさんは,まだ高校生でも通りそうなくらいの童顔。コンビニでお酒を買う時に,身分証の提示を求められたことがあるそうだが,さもありなん。Vocalのイッキュウさんは,長い黒髪が顔にかかって表情がよく見えないのだが,歌ってる時の表情は基本的に険しい感じ。睨み付けるような? TwitterとかInstagramでも,良く睨んでるものね。ただ,歌のないところで時折,客席を観て嬉しそうにふっと微笑む表情がとても可愛らしい。歌声の方は,この日も3列目くらいにいたせいか,残念ながらあまり良くは聞こえなかった。そして,Guitarのキダさん。この人のGuitarはリズミカルでカッコいい。tricotのウリであるところの変拍子のリズム。これは確かに病みつきになる。超絶テクのソロを弾く訳ではないのだけど,元々私はリズミカルなリフの方が好きなのである。Eddie Van HalenのGuitarが好きなのも,どちらかと言えば同じ理由。UnchainedとかPanamaとかRunaroundとかね。そして極めつけは,美代子さんのDrum。THE LIPSMAXとはがらりと変わった,ハードなDrum。こっちの美代子さんもいい。この人も,TOKIEさん同様,演奏してる姿や動作がカッコいいんだよね。そして楽しそう。身長はそこそこある(170cm前後らしい)にしても,華奢な印象の身体を目一杯に使って,といって無理な力が入ってる訳でもない。男のドラマーとはまた違って,音が繊細なようで好きなのである。

それにしても,キダさんとヒロヒロさんの,動くこと。演奏しながら,良くあれだけ動けるもんだ。しかも変拍子で。躍動感。あれもtricotの魅力の1つなのだろう。ステージに動きがある方が,観てる方も楽しいものね。この辺は,自分のバンドでも見習わないといけないな。とにかく,tricotを堪能した。そして,この日以来,どっぷりとハマることになるのである。

ところで,確かtricotの最後の方の曲だったと思うが,横の方で踊ってた客が,いきなりクルクル回り出した。と思ったら,その場で回るのじゃなくて,重心の狂ったコマみたいに,回りながらランダムに動き出し,周囲の客に激突している。なんだありゃ。バカなのか? 私も,ぶつかられこそしなかったが,足を踏まれた。腹立たしい。後で調べたら,あれが「モッシュ」とかいうやつなのか。盛り上がるのは勝手だが,周りに迷惑をかけるのは頂けない。tricotのライブではよくあるものなのかも知れないが,この日はワンマンではないし,THE LIPSMAXのライブでそういう盛り上がり方は観たことがない。ライブの楽しみ方は人それぞれ。もう少し考えて行動してもらいたいものだ。折角盛り上がってた気分が,これで若干削がれてしまった。本当に頭に来る。

ちょっと長くなったので,後半へ続く。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0