So-net無料ブログ作成
検索選択

波瀾のWimbledon [スポーツ観戦]

今年のWinbledon,Nadalに続いて,Federerも負けちゃったのか! 更にはSharapovaも!! びっくり。トップ選手の1~2回戦なんて,勝って当然のようなところがあるので,ついスルーしてしまってたのだが,まさかこんなことになるとは。Federerに勝った,ウクライナのStakhovskyって,前に錦織と対戦しなかったっけ? と思って調べたら,2年前のRoland Garrosの2回戦で負けた相手だった。それにしたって,現在の世界ランキングが100位台の選手。Sharapovaに勝ったDe Britoも,Nadalに勝ったDarcisもそう。こんな驚くべき番狂わせが,次々に起こるなんて。

更に更に,怪我でリタイアする選手も続々。上位陣では,女子のAzalenkaや男子のTsonga,1回戦でNadalに勝ったDarcisもだ。一体どうなってしまうのだろう。

怪我が多いことに関しては,今年の芝の状態が悪いという指摘もあるようだが,nikkansports.comの記事によると,オールイングランド・クラブの最高責任者は,芝の問題を認めていないようだ。面子や責任論はともかく,実際に怪我が多発していることは事実なのだから,大会関係者には,是非とも再発防止に努めてもらいたい。選手が怪我を恐れて,全力でプレイできないようなことがあっては,それこそWimbledonの価値を損なうことになりかねないのだから。

そんな波瀾の中,我らが錦織くんは,本日,コート12の第2試合に登場。今大会も,脇腹痛の影響で,サービスを全力で打てていないようだが,下位選手相手に,きっちり実力差を見せつけて勝って欲しいものだ。因みに,同じコートの第1試合はクルム伊達。こっちも頑張れ!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0