So-net無料ブログ作成

デタラメな「韓美膳」 [韓国ドラマ/韓国関係]

ランチを摂ろうと思って店を探していたら,「韓美膳」という看板が目に留まった。字面からして,韓国料理の店らしい。実際,その文字の横には,ハングルも書かれている。「はんびじぇ」? と思ったら,カタカナでも「ハンビジェ」と書いてある。なんだこれ?

「韓」を「ハン」と読むのは,韓国語読みなら正しいが,「美」を「ビ」と読むのはなぜ? 韓国語読みなら「ミ」であるはずだ。念のため,NAVERの辞書サイトで調べても,「미」=「ミ」という読みしか載っていない。この文字は日本語読みなのか? ついでに「膳」も調べてみると,こちらは「선」=「ソン」と読むそうだ。「膳」は日本語でも「ジェ」とは読まない。つまり,最後の文字に至っては,日本語読みでも韓国語読みでもないということだ。では一体,「ジェ」なんて読みはどこから持ってきたのだろうか。

たかが店の名前,と言われるかも知れないが,こういうデタラメは,どうにも気分が悪い。「ハンビジェ」という,なんとなく韓国語っぽい無意味な言葉の語感がいい,ということなのか? 百歩譲って,それは良しとしよう。「韓美膳」という漢字の字面が気に入ったなら,それでもいい。漢字は表意文字でもあるから,意図は伝わる。しかし,「韓美膳」を「ハンビジェ」と読ませるのは,インチキ以外の何ものでもない。昨今,子供たちに付けられることのある,奇想天外な名前,所謂「キラキラネーム」だって,もっと筋が通っている。しかし,「ハンビジェ」という読みには,何の根拠も正当性もない。なぜ「ハンミソン」あるいは「カンビゼン」ではいけなかったのか。おまけに,もっともらしく「하비제」なんてハングルまで添えて。こういう嘘は,日本語に対しても,韓国語に対しても,冒涜であるようにさえ思える。これを見て,字の読み方を間違えて憶えてしまう人がいたら,どう責任を取るのだ?

そもそも,言葉とはなんだろうか。人と人とのコミュニケーションの手段として発明されたもののはずだ。そのためには,共通の言葉を理解する必要がある。それぞれが勝手な文字を使い,勝手な読みをするのでは,コミュニケーションなど出来るはずがない。「韓美膳」を「ハンビジェ」と読むのは,まさにそういうことだ。言語を破壊する行為である。だからこそ,こんな些細なこと,と言われそうなことでも,腹が立つ。

ついでながら,韓国料理屋に必ずある「チョレギ・サラダ」。この「チョレギ」というのもデタラメな韓国語なんだそうだ。慶尚道の方言にある「チェレギ」が間違って伝わったらしい。そして,それを広めたのは,あの「エバラ」なんだと。全く,恥ずかしいことですな。そして,迷惑。こうして,韓国で通じない言葉を,我々は韓国語として信じこまされているのである。

こんな店に入ったら,イライラして,悶々として,食事どころでなくなるのは目に見えているので,別の店を選んだのは言うまでもない。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0