So-net無料ブログ作成
検索選択

反日視点の悪書「韓国と日本の歴史地図」 [本]

韓国と日本の歴史地図―民族の源流をたどる (プレイブックス・インテリジェンス)
「韓国と日本の歴史地図」(青春出版社)

溢れかえっている自室の本棚を整理していたら,こんな本が出て来た。「韓国と日本の歴史地図」。韓国の歴史ドラマなどを観ていた頃に,実際の韓国の歴史を全く知らないことに気付き,少し勉強しようと思ってた時に,書店で見つけて購入したのだったか。面白そうだと思って買ったのだろうけど,読んだ記憶がまるでない。韓国ドラマに興味を失いかけていたので,本棚に入れて,そのまま忘れてしまったのだろう。せっかく見つけたのだから,ということで,他にも積んである本はあるのだけど,ちょっと読んでみることにした。

結論から言うと,これは酷い本である。「はじめに」の書きぶりからして妙な感じがしたのだが,第1章第1節の最後の部分に,「日本のよけいな干渉がなければ,韓民族は独力で近代化をなしえた」と書かれていることで,確信した。この本は,明らかに,反日視点で書かれている。

韓民族が,本当に独力で近代化をなしえたかどうかは,今更証明しようのないことだ。特に証拠も根拠もないのに,客観的な歴史を語る上で,全く必要のない文章だ。韓国併合時,日本が莫大な予算を韓国に投じ,近代化を助けたのは紛れもない事実である。独力であったかどうかにこだわるのは,日本の助けで近代化したことが腹立たしいという反日感情そのものだ。「はじめに」の中で,「今後,日韓は...親しい関係を築いていかねばならない」などと書いているが,反日感情剥き出しの文章で,親しい関係を築く助けになるとでも思っているのだろうか。極めて愚かだ。

この他,全編にわたり,日本を誹謗するような文章が満載な上,何かにつけて,韓国の方が文化的に日本より早かったり,優れていると強調する文章が目立つ。一方で,韓国に分が悪い時は,「だからといって,韓国が劣っていた訳ではない」というような論調になる。しかも,ほとんどすべて,特に根拠を明示していない。単なる主観的な推量を述べているだけだ。いやしくも歴史を解説する本で,これはちょっと信じがたい。

最後の最後で,「儒教的合理主義」なんて書いてあったのには失笑した。どこが合理主義なのだ? 年長者が理不尽に威張り腐り,男尊女卑の精神が根付いていることは,元々は儒教文化から来ているものだろう。韓国人を,儒教的合理主義などと呼べる人間は,韓国の外にはいないのではないか。

その他気になったのは,韓国の地名や人名のふりがなが,日本語読みか韓国語読みか統一されていないところ。どちらにすべきかの議論はさておき,統一するのが当たり前だろう。個人的には,日本人に韓国文化を理解させようと思うのなら,韓国語読みにすべきだとは思うが。「り・しゅんしん=李舜臣」,「り・しょうばん=李承晩」,「あん・じゅうこん=安重根」なんて読み方を憶えて,何の役に立つのか。韓国に行ってそんな発音をしたって,まるで通じないのだから。

著者の武光誠という人は,大変な多作家であるそうだ。もっとも,全てを自ら書いているのではなく,弟子などに自分の名前で書かせている,という噂もある。なるほどね。日本人がこんな国賊紛いの文章を書くとは,まず思えない。恐らく,在日朝鮮人の弟子にでも書かせたのだろう。反日教育で刷り込まれる,典型的な日本観だからだ。実際,韓国から日本に留学に来るような優秀な学生なら,もっとまともな歴史観を持っている。

はっきり言って,こんな本を読むのは時間の無駄である。余程温厚な日本人でも,不愉快になることは間違いないので,精神衛生上もお勧めしない。私も,買ってしまった物だからこそ,我慢して最後まで読み通したようなものだ。図表や知らなかった歴史上のイベントが少しは参考になったが,こんな偏った書き方の本では,時代背景等,もろもろ信憑性が低い。実際,韓国の歴史ドラマなどで見知っているところと,食い違いがあるものもある。結局,他の文献に当たって確認しなければいけないのだから,有難味は薄い。せいぜい,このブログのネタに出来たくらいだろうか。

考えてみれば,タイトルからして「韓国と日本の」と,韓国を先に書いてるものね。そりゃ,韓国中心の内容ではあるのだけど,それなら同列に列挙する必要はない。日本では「日韓」というのに対し,韓国では「韓日」という。韓国人らしいタイトルだわな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0