So-net無料ブログ作成
検索選択

kobo gloを購入 [ソフトウェア/PC関係]

電子ブック楽天<kobo>kobo glo【販売:楽天kobo】【送料無料】
kobo glo

Kindle paperwhite(以下,KPW)を持ってるのだけど,結局,kobo glo(以下,glo)も買ってしまった。日頃あれほどkoboのサービスをこき下ろしておきながら...と思われるかもしれないが,決してKoboのサービスを評価してる訳ではない。あくまでgloというハードウェアが欲しかったのである。

KPWが届いてすぐに気が付いたのだが,KPWは,画像ファイルをZIPでアーカイブしたものに対応していない。手持ちの書籍をスキャンした場合,そういう形式のファイルにするのが一般的なのだ。OCRしてテキストに落とす場合もあるだろうが,日本語のOCRはまだまだ認識精度が低い。それに,コミックでは絵がメインなので,画像で読むしかない。

事前調査が足りないと言われればそれまでだが,Kindle 3Gではサポートされていた機能なのだ。まさか,機能が落ちるとは思いもよらなかった。技術的に困難とかいう問題ではないだけに,何かの嫌がらせだろうか? 勿論,PDFなどに変換すれば,KPWでも読めるのだが,いちいち変換するのは手間がかかる。

画像のZIPアーカイブは,kobo touchではサポートされているし,gloでも同じだということは確認済み。touchは持っているのだけど,KPWのフロントライトが予想以上に便利なので,koboにもフロントライトが欲しい。そういう訳で,glo購入に至ったのである。

色は,touchと同じく,白。本当は,KPWも白が良かったのだけど,黒一色しかなかったので仕方ない。でも,色で見分けが付くので便利かも。しかし,表面が白で,裏がシルバーというカラーリングは,センスがイマイチに思えて仕方ない。

gloはtouchやKPWより,高さが少し短くだけなっており,そのお陰で,思った以上にコンパクトに見える。そしてやはり,フロントライトがあるのは大きい。これで,夜ベッドに入っても,部屋の電気を消して読むことができる。また,KPWと違って,フロントライトをOFFにすることが出来るので,明るい所で読む時は,電池の消費を抑えられそうだ。

実は,読書用にと思って,年末にNexus 7を購入した。e-Inkのデバイスと違って,高精細だし,高速だし,とても快適なのだが,いかんせん電池の持ちが悪い。iPad2に比べて,携帯性も高いので,他のことにも使うようになってくると,読書で電池を消耗させてしまうのは具合が悪い。それでまた,e-Inkデバイスに戻ってきてしまった。何かの解説書のように,読みながら別のページの図表を参照する機会が多いと,e-Inkはページ切り替えが遅いのでストレスが溜まるが,小説の類なら全く問題ない。どっちが良い悪いでなく,使い分けが大事ということだろう。どちらか1つだけしか持って行けない,という時は,汎用性ということで,Nexus 7になってしまうだろうけど。モバイル・バッテリ必須である。

e-Inkデバイスも,どちらか1つでは済まないのは頭の痛いところだ。電子書籍として購入しているのは,Kindleの本ばかりだからだ。まぁ,通勤の行き帰り位なら,今読んでる本の入っている方だけ持っていけば充分か。KPWとgloなら,両方持っていても,文庫本1冊くらいの荷物にしかならないのだけどね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0