So-net無料ブログ作成

ブログ書籍化サービスの本命?! [日記]

以前ここで,ブログを印刷・製本して書籍化する「MyBooks.jp」というサービスを紹介したことがある。自分の書いたものが本になる,というのが子供の頃からの夢だったので,何度か挑戦してみたことはあるのだが,その度に,MyBooks.jpの制限や機能不足に行き詰まり,結局断念してきた。いつか改善されるだろうと思って,時折チェックはしていたのだが,サービス内容に目立った進歩はない。目の付け所は素晴らしいだけに,改めて残念に思う。

同種のサービスは他にもあったのだが,どれも似たり寄ったりで,MyBooks.jpに優るところは特になく,最近ではちょっと諦めかけてきていた。ところが昨日,何かのついでに再び検索してみたところ,「ブログ出版局」というサービスを見つけた。サービス内容を詳しく調べてみると,これがなかなか素晴らしい。MyBooks.jpで懸案だった,中国語や韓国語の文字が使えるほか,XHTMLのタグやスタイルを指定することで,かなり細かいレイアウトの調整が効くようなのだ。表紙や装丁のオプションも豊富で,これなら望みのものが出来そうな感じ。強いて残念な点を挙げれば,書籍のサイズが四六判のみというところだろうか。MyBooks.jpだと,文庫本も作れるのに。単行本サイズも良いが,文庫本にもまた別の魅力がある。とはいえ,本文の見栄えの良し悪しに比べれば,大きな問題ではない。

見本PDFの作成は無料なので,ここのブログのデータを一部使って,実際に試してみた。Movable Type形式のエクスポート・データを使う。MyBooks.jpの場合は,そのままだとあまり美しいレイアウトにならないのだが,ブログ出版局では,何も手を入れない段階でも,そこそこ良さそう。気になるのは,写真の回りこみを指定すると,レイアウトが崩れるケースがあること位だろうか。これは,写真のサイズは位置をうまく指定すれば,調整が効くと思われる。そもそも,書籍で横書きにした時に写真の回り込みをすると,本文の幅が狭くなってイマイチ美しくないように思うし,写真については一つ一つ見直す必要がありそうだ。少し手間だが,作業はWebの専用エディタではなく,使い慣れたテキスト・エディタで出来るので,さほど苦にはならないだろう。表や箇条書きなどの,XHTMLタグが使えるのも有難いし,フォント・サイズも自由に指定できる。

手をかけた分だけ良いものが出来そうだと思うと,俄然やる気が湧いてきた。いつの間にこんな素敵なサービスが始まっていたのだろう。しかも,来月の15日までは送料無料サービスもやっているとのこと。1ヶ月でどれだけ作業が進むか分からないが,お試しの意味で,出来たところまでで1冊発注してみるのも良さそうだ。そっちにかまけてると,新規のブログ記事の方がまたまた滞りそうだが,まぁ仕方ないかな。このブログの最初の5ヶ月分,約250記事で大体二百数十ページになりそうなので,まずはそれを目標に頑張ってみようと思う。ハードカバーたるもの,せめてそのくらいは厚みが欲しいものね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0