So-net無料ブログ作成

錦織くん,ジャパン・オープンで優勝!! [スポーツ観戦]

かれこれ20年以上,プロ・テニスを観戦してきて,こんなに嬉しい日が訪れるとは想像もしてなかった。錦織圭くんの,ジャパン・オープンでの優勝。本当に,痺れるくらい感動した。勿論,彼の現在のランキングからしたら,ATPツアーで優勝することは,別に不思議ではない。しかし,実際に優勝するのは簡単ではない。かつて,女子のアンナ・クルニコワは,TOP 10プレーヤーになりながらも,ツアーでは一度も優勝したことがなかったのだ。錦織は,既に2008年にデルレイビーチで優勝しているが,躍進めざましいこの数年,まだ優勝がなかったのである。それが,だ。なんと,日本での大会で優勝してしまった。なんと素晴らしいことだろうか。現在の男子テニスで,4強といわれる一角を占める,Murrayが準決勝で敗れるという幸運は確かにあった。しかし相手は,そのMurrayと,全くの互角で戦い,ギリギリで下してきた,勢いのある選手。220km/hを越えるサーブを持つビッグ・サーバーだ。初対戦ということで,相性がいいか悪いかは未知数だが,簡単な相手ではなさそう。

そんな相手に対して,錦織は全くひけを取らない。最初にブレークしたのは錦織の方だ。前日,Murray相手に,一度もブレークを許さなかったRaonicから,最初にブレークを奪ったのだ。その後,ブレーク・バックを許し,第1セットは6-6のままタイ・ブレーク。しかも,いきなりミニ・ブレークを取られ,不利な展開。しかし,ビッグ・サーバー相手にこれをひっくり返した。

第2セット,疲れからか精彩に欠ける動きの錦織に対して,Raonicはサービスが好調。第1セットを上回るサービス・エースの連発で,錦織にブレークを許さない。結果,ちょっとした錦織の隙をつかれて,第2セットを奪われる。セット・カウントは1-1だが,正直,このままの流れでは危ないと思った。

ところが,第3セット,Raonicの動きが突然悪くなる。準決勝までの連戦の疲れだろうか。確かに前日,Raonicは,準決勝でMurray相手にフルセットを戦っている。一方,錦織の方は,ストレートでBaghdatisを下している。その前日のBerdychもストレート・セット。そうでなくても,フィジカル面の弱さが不安視されていた数年前とは全く違う。Raonicは,圧倒的なサービスの強さが影を潜め,最初のサービス・ゲームでいきなりブレイク。結局,第3セットは6-0という,完璧な勝利。なんと,ジャパン・オープンがATPの国際試合になってから,初の日本人の優勝者となった。

勿論,去年の終盤からの錦織を見ていれば,ツアーで優勝することなど,もはや不思議でもなんでもない。あと一歩,ちょっとした勝負の綾で,いつでも優勝できる準備は出来ていたはずだ。しかし,それが地元,日本での大会とは。Davis Cupを含め,日本での試合には特別な思い入れを持って臨んでいる錦織。満員の有明スタジアムでの決勝戦の勝利は,これ以上ない格別なものであったろう。改めて,日本のテニス・ファンの心もわしづかみにしたはずだ。やはり,スーパー・スターたるべき,何かを持っている選手だと思わざるを得ない。

これで,明日発表の最新ランキングでは,自己ベストの15位になることが決まっているらしい。さすがに,このレベルになると,そうそうランキングは上がらなくなる。TOP 10までのあと5つが厳しい。しかも,現在のランキングは,昨年のツアー終盤,上海とバーゼルでの活躍がベースになっている。明日月曜から始まる,今年の上海マスターズで結果を残せなければ,昨年のポイントがまるまる消滅する。TOP 10を目指す錦織にとっては,踏ん張りどころといえよう。逆に言えば,ここで踏みとどまることが出来れば,来年早々にも,TOP 10入りの可能性が見えてくるだろう。日本のテニス界にとっては,次の夢である。夢はまだまだたくさんあるが,そんな夢をひとつひとつ実現して来ている錦織には,否が応でも期待してしまう。怪我だけには気を付けて,是非是非,夢を実現し続けていって欲しい。

本当に楽しみで,本当に嬉しい。本人は,今日はパーティだと言っていたが,こちらでも勝手に,乾杯させてもらおう^^


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0