So-net無料ブログ作成
検索選択

結局コンデジも新調 [カメラ]

Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) S6300 スタイリッシュブルー S6300BL
NikonのCOOLPIX S6300。S6400が発売されたせいか,だいぶ値段が下がってきたっぽい。機能的には大差ないし,お買い得かも。

昨日の続き。

手持ちのコンデジは,NikonのCOOLPIX L6。なんと,もう5年半も前に購入したものだ。こんなに長いこと使っていたとは,思いも寄らなかった。そんなに古い機種だからかは分からないが,いざEye-Fiで使い倒そう,と思うと,何かと不満が出てくる。別に,画素数が少ない(600万画素)とか,光学ズームが3倍しかないとかいうところに,特に不足がある訳ではない。そもそも,飲み会の席で使うのに,そんなに高倍率ズームは不要だ。

では何が不満かというと,動作速度である。何故だかよく分からないが,COOLPIX L6は,暗いところで撮影する時に,妙に遅いのである。はい,撮るよ~,と声掛けて,シャッターを押してから実際にシャッターが下りるまでが長いのだ。これは,撮られる側のメンバーからも不評を買っている。さらに,暗いところなのでフラッシュを使うと,次にフラッシュが使えるようになるまで,結構時間が掛かる。せっかくのシャッター・チャンスを,見逃してしまうこともしばしば。

そんな訳で,新しいコンデジが欲しくなってきた。勿論,大枚をはたく気は毛頭ない。元々,COOLPIX L6だって,19700円の15%ポイント還元で買ったので,それ以上はあり得ない。そんな観点で探してみたところ,同じNikonの「COOLPIX S6300」というのが目に留まった。なんと11635円。にも関わらず,レンズ・シフトによる手振れ補正がついている上,1600万画素で光学10倍ズームと来たものだ。コンデジって,こんなに安くなってたのか。

COOLPIX L6を買った時に拘ったのは,単3電池が使えるということ。しかし,単3電池が使える機種は,以前よりも更に少なくなっているし,それに拘ると機能的にも妥協しないといけなくなる。もはや,コンデジをメインで使う訳ではないので,出先での電池切れに困ることもないだろう...なんて思っていたのだが,よく見たら,このS6300という機種,USB充電が出来ると書いてあるではないか。今時のコンデジって,みんなそうなのか? よく分からないが,これは有難い。USB充電が出来るなら,車でも充電できるし,モバイル・バッテリーも使える。惜しむらくは,カメラ側が標準のUSBコネクタではないので,専用のケーブルが必要なこと。それでも,ケーブル1本持ち歩けば,電池切れを心配しなくていいのは助かる。

で,早速購入。色は,Amazon.co.jpでの商品写真が綺麗だったので,「スタイリッシュ・ブルー」にした。ただ,実際に届いたのは,もっと紫っぽい色。通販は,色合わせの問題がなかなか解決しない。まぁそれでも,嫌いな色ではなかったので,よかった。

勿論,これにL6で使っていたEye-Fiを挿して使おうという訳だ。しかし,ここで1つ問題が。Eye-Fiを挿して,S6300のスイッチを入れると,「このカードは使えません」と表示されてしまうことがあるのだ。こうなると,スイッチをOFFにするよりほかに,何も操作できない。この現象は,通常のSDカードでは起こらないようだ。Eye-Fiサポートを謳ってる機種なのに,何故だろう。初期不良かとも思ったのだが,何回かスイッチのON/OFFを繰り返していくと,その内使えるようになる。一旦使えるようになると,その後はOKなのだが,しばらく電源を切っておいて,もう一度スイッチを入れると同じことが起きる。もしかして,Eye-Fiに暖機運転が必要なのか? L6の時は見られなかった現象。S6300が,起動時に何をチェックしているのか分からないが,Eye-Fiを正式にサポートしているのが仇になったと言うことだろうか。いずれにしろ,少し時間が経てば使えるようになるということで,少し様子を見るつもり。

Eye-Fiの問題を除けば,新しいカメラは至極快適。光学10倍ズームはやはり便利。180°/360°のパノラマ写真機能とか,3D撮影機能とかも,あったらあったで楽しい。一眼レフを持って行く時も,併用することになりそうだ。ところでこのカメラ,設定メニューの中に「操作音」という項目があって,「シャッター音」を消せるようになってるんですけど...。これっていいの? 確か,自主規制してるんじゃなかったっけ?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。