So-net無料ブログ作成
検索選択

Eye-Fiで古いコンデジをモバイル化 [カメラ]

Eye-Fi Mobile X2 8GB EFJ-MB-8G
Eye-Fi Mobile X2 8GB。現時点では,Amazon.co.jpで5934円。

先日Twitterの方にも書いたが,Eye-Fiカードを購入した。SDカードにWi-Fi機能が組み込まれていて,デジカメで撮った写真を,自動的にPCやスマートフォン(以下,スマホ)に転送してくれるというもの。以前は,こんな製品,そんなに便利だろうかと懐疑的だった。確かに,撮った写真をPCへ取り込むのに,いちいちSDカードを取り出して,カード・リーダーにセットして,というのが煩わしく感じることはある。でも,その程度の手間のために,8GBのSDカードを何千円も出して買う気にはなれなかった。

何故気が変わったのかというと,元々の動機はFacebookである。仲間との飲み会の写真などを,その場でアップロードしたいのだが,どうもスマホのカメラの画質が宜しくない。AQUOS PHONE SERIE(ISW16SH)には,1200万画素ものカメラがついているのだが,どう贔屓目に見ても,仕様通りの画質とは思えない。単に使いこなせていないだけなのかも知れないが,そうだとしても,やはり専用のデジカメの方が性能も機能も上なのは確か。しかし,デジカメの場合,撮ったはいいが,アップロードする手段がない。そこで,Eye-Fiの存在を思いだしたのである。

勿論,自動転送するにはWi-Fiが使える環境にないといけない訳だが,スマホのテザリング機能を使えば良いだろうと思っていた。しかし,よく調べてみると,今販売されているモデルには,「ダイレクト・モード」という機能が追加されていることが分かった。これは,Eye-Fiカード自身がWi-Fiのアクセス・ポイントになって,スマホなどから直接接続して画像をダウンロードできる機能である。テザリング経由でどこかのサーバーにアップロードするよりも,スマホに転送された方が何かと使い勝手がよさそう。これなら,今持ってるデジカメで撮って,スマホでFacebookにアップロード,という流れが簡単に実現できそうだ。

購入したのは,Eye-Fi Mobile X2 8GBで,約6千円。8GBのカードだと,以前はもっと高価だった気がするのだが,だいぶ値がこなれてきたのだろう。カードには,専用のカード・リーダーが付属してくる。普通のカード・リーダーでも恐らく大丈夫なのだと思うが,試してはみていない。カード内に,サポート・ソフトウェアのインストーラが入っているので,これを起動してインストール。サポート・ソフトウェアを起動して,Eye-Fiカードに,接続先のアクセス・ポイントなどの設定を行う。ダイレクト・モードは,初期状態では無効になっているので,これも有効にしておく。

ダイレクト・モードを使うには,スマホ側にもアプリをインストールする必要がある。AndroidでもiOSでも使用可能。但し,Wi-Fiが使える環境だと,そちらが優先されてしまうので,ちょっと外に出て試してみた。最初,全くスマホに転送されないので,変だと思っていたら,スマホのWi-Fiが切ってあった。そりゃ駄目だわな。ただ,Wi-FiをONにしても,どのタイミングで転送が始まるのかが今ひとつよく分からない。シャッターを切る行為が,ひとつのトリガーになっているのは間違いないようなのだが,これは未だに確かなことは不明。なので,肝心の写真が,なかなかスマホに転送されず,苛つくこともしばしば。この辺については,もう少しいろいろ調べてみようと思っている。

まぁ,細かい問題はあるものの,やはり便利である。手持ちのコンパクト・デジカメ(コンデジ)はちょっと古いので,画素数や光学ズーム倍率は大したことないのだが,スマホのカメラよりはよほど綺麗に撮れる。これで,最近出番の減っていたコンデジも,有効活用の道が開けたというものだ。

...って,実は今日書きたかったのは,もうちょっと先の話なのだが,それについてはまた後日。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0