So-net無料ブログ作成
検索選択

Sharapovaが生涯グランド・スラムを達成!! [スポーツ観戦]

シャラポワ マリア・シャラポワ写真集 first

昨晩は日付が変わってから帰って来た上に,ほろ酔い加減で眠かったので,Roland Garros 女子シングルスの決勝を観られずに寝てしまった。朝起きて,TVやニュース・サイトなどで結果を目にしないように注意しつつ,録画してあった試合を観戦。

今日のSharapovaは素晴らしかった。Roland Garros初制覇のプレッシャーや,格が違いすぎて,勝って当たり前と見られてしまうプレッシャーなど,様々な精神的重圧がかかっているはずの中,終始強気で安定感のあるプレーを展開。ダブル・フォルトをしても,全く揺らがない。相手のErraniは,今大会好調ということもあり,なかなか素晴らしいプレーを見せていたのだが,今日のSharapovaを崩すまでには至らなかった。最後,Championship Pointを取った後,コートに泣き崩れるようにしゃがみ込み,そして立ち上がるや,満面の笑みで飛び跳ねるSharapovaを観ていて,こちらまで胸が熱くなるようだった。

何しろ,数年前までは怪我に悩まされ,思ったようなプレーが出来ず,ランキングも大きく落としたりしていたのである。決して,平坦な道程ではなかったはず。Grand Slamでの優勝も,4年前の2008年全豪以来のことだ。特に,Sharapovaのような,パワーとスピードで勝負するスタイルの選手の場合,クレーを苦手とすることが多い。それでも,どうしてもRoland Garrosのタイトルが欲しくて,数年前から対策に取り組んでいたとのこと。それが,遂に実を結んだということだ。この強い決意と目的達成に向けた執念は,テニスに関係なく,見習うべきところがある。

デビュー当初から,その美貌に注目されて,テニス以外でもモデルなどで活躍する機会の多かった彼女だが,そういった誘惑に流されず,生涯グランド・スラムという,テニス史に残る偉業を達成したのは立派というほかない。かつて美貌の女子選手で,志半ばでテニスを去って行った人がどれだけいたことか。「天は二物を与えず」というが,単に二物を与えられた幸運な人というところに止まらず,自分の力でそれを昇華させたところに価値がある。

それにしても,4大大会すべて1勝ずつとは,なんと効率のいいこと。しかも,US国籍以外の女子では初の快挙なんだねぇ。

現在,男子の決勝が進行中。実は,この試合でNadalと対戦しているDjokovicも,勝てば生涯グランド・スラムを達成するそうだ。っていうか,まだだったのか^^; 現在1セットを失って負けているが,果たして,1987年生まれの同級生同士,同時に快挙達成となるのかどうか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。