So-net無料ブログ作成

薬疹?! [健康]

薬疹のすべて
「薬疹のすべて」(南江堂)

1週間くらい前に,手に正体不明の赤い発疹が現れた。蕁麻疹? でも,生まれてこの方,蕁麻疹なんて出た記憶がない。ここ数年,花粉症もどきの症状が出てるとは言え,アレルギーにも基本的に無縁。特に何か変わったものを食べた記憶もないし,一過性ですぐに治まるだろう,とタカを括っていたところ,治まるどころかどんどん悪化して,全身に広まりはじめてしまった。しかも痒い。堪らず,GW中ではあったが,開いてる内科をみつけて診てもらった。

しかし,蕁麻疹の原因になるようなものには,全く心当たりがないので,医師も対症療法を施すよりないらしい。点滴なら効き目も早いと言われたのだが,あまりに大袈裟な感じがしたので,飲み薬をもらうことにした。

結構強い薬みたいなので,少しはよくなるかと思いきや,これまた数日経っても全く効果なし。というより,さらに悪化の一途を辿っている。これは由々しき事態なのでは? かなり心配になってきたので,GW最後の日曜日に,開いていた別の内科へ。

原因が分からないのは同じなのだが,症状がかなり酷いということで,今度は点滴を受けることになった。点滴なんて,何十年ぶりのことだ。でも,これでせめて痒みだけでも引いてくれれば。医院のベッドで1時間,時折うとうとしながら点滴が終わるのを待つ。こころなしか,痒みが減ったような。さらに,最初の内科と同じ薬を増量して処方され,これで月曜まで持たせて,皮膚科へ行くようにと指示された。

点滴の効果か,その日一日は大丈夫だったのだが,深夜になってまた猛烈な痒みが襲ってきた。薬が切れたのか? 仕方なく,市販の痒み止めクリームを塗って凌ぎ,今日朝から早速皮膚科へ。

問診でのやりとりがあった後,医師が言うには,「これは蕁麻疹ではありません」。え? そうなの? どうも症状が,薬疹のようだというのだ。と,いわれても,変わった薬を服んだ記憶はない。しかし,薬疹とは,初めての薬で起きるものではないらしい。アレルギーの一種なので,長年常用していた薬で,ある日突然発症することもあるそうだ。なるほど,言われてみればそうかも知れない。私が常用している薬と言えば,頭痛薬? 発疹が出る前に服みましたか? と訊かれても,日頃あまりに気軽に服んでいるため,その記憶すら定かでない。取り敢えず,薬疹という前提で,飲み薬と塗り薬を処方され,1週間様子を見ることになった。

実際,皮膚科で処方された薬を使った後,痒みはだいぶ治まった感じで現在に至っている。発疹そのものは,そうすぐに消えるものではないそうだ。それにしても,もし頭痛薬による薬疹だとしたら,これから私はどうすればいいのだろう。頭痛持ちなのに。バファリン以外の薬を探さないといけないのだろうか...。取り敢えず,発疹が消えるまでは,頭痛薬を控えるつもり。しばらく頭痛が起こらないことを祈りつつ...。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0