So-net無料ブログ作成
検索選択

「造花の蜜」 [映画/TV番組]

造花の蜜〈上〉 (ハルキ文庫)
連城三紀彦著「造花の蜜」(ハルキ文庫)。細かいことに拘らず,所詮は大衆小説だと思って読めば,まぁ楽しめる。

#ネタバレ注意

先日までWOWOWで放送されていた,「造花の蜜」という連続ドラマ。檀れいさんが主演だったので観ていたのだが,3話まではなかなか面白かった。原作は,連城三紀彦という,私も名前だけは知っている小説家のもの。かなりの人気を博した作品らしいので,やはり原作がよければ,WOWOWもそこそこ面白いドラマが作れるのか,と思った。オリジナル・ドラマの「パンドラ」3部作なんて,どれも今ひとつだったしね。

しかし,ドラマの方は細かいところがどうもよく分からないというか,説明不足のように感じたので,3話観た時点で原作に手を出してしまった。すでに文庫化されていて,ハルキ文庫で上下2巻,計1360円。本当に最近は本が高い。

ドラマでは,3話までで1つの事件が終わっていたので,結末の分かっているミステリーを読むことになった訳だが,やはり人気の作品だけあって面白かった。登場人物は,どうしてもドラマ版の役者のイメージになってしまうのだけど。最初の事件については,ドラマでは細かい部分がだいぶ端折ってあって,あれでは消化不良気味になるのも仕方がないかな,という印象。特に,川田が蘭の協力者になっていく過程の苦悩がばっさりカットされていて,ストーリー展開上無理があるのは否めない。川田の父親らしき人間を,ドラマの最初の方から登場させているのも,ミステリーとしてはネタバレ感があって頂けない。こうやって比較すると,やっぱり原作の方が遙かに出来がいい。

さらに問題は第2の事件の方だ。こっちは原作を先に読んだ訳だが,第1の事件ほどの意外性もなく,原作もそこそこ程度の印象。敢えて2部構成にする意味はあったのだろうか。犯人グループがまんまと逃げおおせてしまう,という結末にも違和感を感じる。怪盗ルパンや怪人二十面相みたいな,怪盗シリーズものにするつもりならともかくねぇ。それはさておき,気になるのはどうやって映像化するのかという点。東野圭吾の「回廊亭殺人事件」のように,文字メディアであることを利用したトリックを使っているのだ。実は,文庫本の解説を岡田惠和が書いているのだが,この人がWOWOWドラマ版の脚本を担当している。解説の中で,ドラマ化されるなら自分が脚本をやりたいと書いている一方で,第2の事件の映像化についてはお手上げだと認めている。さて,実際に脚本を担当することになって,この問題をどう解決したのか。

で,その点を楽しみに最終回を観たのだが,これには心底がっかりした。誘拐事件の捜査協力に来た警視庁の本物の刑事が,犯人の仲間でした,なんてオチはダメでしょ。だって,それをやってしまったら何でも「あり」になってしまって,ミステリーにならない。他でどんなに頑張っても,この点だけで全てぶち壊しだ。故に,このドラマは評価に値しない。しかも,ドラマ版の第2の事件では,娘が口がきけないという設定や,義理の弟へ抱く愛情を示す部分が端折られていているために,何の面白味もない誘拐事件になってしまっている。これなら,ドラマ化は第1の事件だけでなんとかまとめるように脚色する方が利口だったのではなかろうか。

そんな訳で,ドラマは最低の評価なのだが,冷静に考え直してみると,原作の方にもいろいろ疑問点はある。裏で秘密裏に行う誘拐事件のために,表で別の誘拐事件を起こす必然性があったのかどうか。いくら「身代金の要求はしていない」なんて詭弁を使っても,現実には身代金目的の誘拐として扱われるはずで,法定刑は無期懲役をも含む重罪だ。表の誘拐は,手間がかかる割に割が合わないと言える。ストーリー的に奇を衒いすぎている感がある。また,蘭の使う「潔白な犯罪」という言葉も意味不明。実は,ドラマの中で出て来たこの言葉に疑問を感じて原作を読んだのだが,納得できるような説明はなかった。不正に得た金であろうが,それを奪うことはただの犯罪である。奪った金を社会に還元するなら義賊ともいえるだろうけど,そうでないなら普通の盗賊に過ぎない。その辺のロジックが,著者の頭の中で煮詰まってないのではないだろうか。

まぁ,所詮は大衆小説ということで,そこまで求めるのは酷なのかも知れないけどね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

感嘆符

ワタシもたった今、造花の蜜を見終えて言い様のない怒りを
覚えて検索したところこの記事に出会いました。
ワタシの感想と99%一致していて溜飲が下がりました。
WOWOWのドラマは大好きなのですが、これは酷かった。
言うなれば某キャプツバや某明日のジョウなどのラストで
「レフリーや審判が実は身内で有利な裁定してました。」と
いうのとなんら変わらない。
ワタシの中ではアガサの「オリエント殺人事件」までがギリギリの
反則ラインだと思っています。
WOWOWのドラマは「空飛ぶタイヤ」以上のものは作れないの
ですかね・・・。編成会議で誰か「これはマズイだろ」って言わな
かったのでしょうか・・・。
長文駄文失礼しました。
by 感嘆符 (2013-08-23 14:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0