So-net無料ブログ作成
検索選択

8年間を感謝...そして暗黒時代へ?! [ドラゴンズ]

ドラゴンズ,負けてしまったな~。残念だったけど,あれだけ力量差があるのに,最終戦まで持ちこたえたことを讃えてあげたい。ホークスは強かった。ドラゴンズの戦力で,互角に近い結果を残せたのは,まさに落合マジックと言えよう。ただ,戦術で勝ち切れるほど,ホークスは甘くなかったということだ。

しかし,それにしても打てませんな。別にホームランなんていらないけど,もうちょっと考えて打てないのかね。肝心なところでポンポン打ち上げて。この8年間,打撃に関しては,落合監督から何一つ学んでこれなかったのだろうか。先制点を取られたら,もう負けを覚悟なんて,そんなストレスの溜まる試合ばかり。落合が天才打者(人の見ていないところで猛練習をしていたとしても,それが生かされたのは頭脳があればこそ)だったが故に,凡人にはそれを伝えきれなかったのだろうか。皮肉なものである。確かに,勝つための姿勢や,守りの大切さは浸透したのかも知れないが,点を取らないと勝てないのが野球。落合野球で,ドラゴンズ・ファンが一番フラストレーションを感じていたのがそこだろう。それさえ克服出来ていれば,史上稀に見る名将になれたのだろうに。

いずれにしても,これで落合ドラゴンズはひとまず「The End」である。この8年間で,セ・リーグでの優勝争いは当たり前,という感覚に慣れてしまったので,来年からのドラゴンズがどうなるのか,正直不安である。過去の状況と照らして,この8年は,結果から見れば,ドラゴンズの黄金時代と言っても過言ではないのだろうが,それはかつての巨人のV9の時の強さとはまったく性格が異なる。現有戦力がどんな状態であろうと,最終的に帳尻を合わせてしまう,落合マジックの賜物なのだ。次の監督は,何を勘違いしているのか,V3を意識しているみたいだが,今のままの戦力では,落合以外にチームを優勝に導くことなどできないだろう。

最終的に勝てばいい,という意味でのファン・サービスを徹底してくれた落合監督には,ただ感謝するばかり。しかし,その勝ち方に満足できなくなってしまったという贅沢な矛盾。今打てていない主力クラスの選手,特にベテラン勢が,監督が替わったからと言って,突然打てるようになるはずもない。如何に若い選手を伸ばして,世代交代していくかが重要なのだけどねぇ。その辺をフロントや新監督が分かっているのやら。

打てない,点が取れない,に加えて,勝てないチームになってしまったら最悪だけど,あながちあり得ないとは言えないところが怖い...。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0