So-net無料ブログ作成

くたばれ中日!! 頑張れドラゴンズ!! [ドラゴンズ]

中日ドラゴンズ論 (ベスト新書)

あちこちで散々書かれているから,止めようと思っていたのだけど,やっぱり腹に据えかねるので書くことにする。

中日ドラゴンズ社長の坂井克彦が,9月の読売戦に負けた際にガッツポーズをした,という件。こんなに騒ぎになっているのに,否定も抗議のコメントも出さないところを見ると,本当のことなんだろうね。選手を始め,球団関係者が何人も目撃したという話だから,今更否定するも何もないのだろう。

一体全体,こいつは馬鹿なのか? ドラゴンズの経営陣が腐りまくっているのはもはや伝統といっていいが,これは酷過ぎる。裏事情がどうあれ,プロ・スポーツ・チームのトップが,自チームの負けを喜ぶなんてことが許される訳がない。ファンは勝利を願ってチームを応援している。チームの目標が勝利だと信じているからこそ,例え負けても応援し続けるのだ。監督交代をずっと願っていた私だって,ドラゴンズが負けて嬉しいなどと感じたことは一度たりとない。一体,ファンを何だと思っているのか。ファンなしにプロ野球チームが存在しうるとでも? 真剣勝負が大前提の世界において,球団規模で敗退行為を行なっていると見なされても言い訳のしようがない,愚行の極みである。横浜の身売り先候補のDeNAについて,白井オーナーが公序良俗云々に言及したらしいが,自チームで坂井とその一派がやっていることは,公序良俗に反していないのか。

ドラゴンズなんて,結局親会社中日新聞の拡販のための道具としか考えられていないということか。発行部数こそ第3位でも,読売新聞と違って所詮地方紙。全国的な人気なんてそもそも必要なくて,販売エリアで人気があれば充分。選手の給料を上げないといけないから,優勝すらする必要はない。適当に優勝争いに絡んで,最後優勝しないというのが最上のシナリオ。全国区のスーパー・スターなんていらない。レギュラー・クラスの選手を系列の地元TV局で露出しまくれば,拡販に都合のいい安上がりなローカル・スターの出来上がり。全国区になっちゃった選手には年俸を出し惜しみ,それが気に入らなければFAで退団大歓迎。強くなりすぎては困るので,トレードなどの補強はしないし,スター候補の有望新人にも手を出さない。なるほど,全て首尾一貫した球団の方針だったという訳だ。球団フロントに,ドラゴンズへの愛なんて元々存在しない,と考えれば,何もかもすっきり説明がつくのである。

読売の老害爺は大嫌いだが,つまるところただの巨人ファンの老人だということは間違いなく分かる。だからこそ,勢いで酷い発言をしてしまっても,読売ファンから疎まれることはないのだろう。一方,先だって,迷走していたロッテの経営陣トップ2人が解任されたが,チームの勝利を最優先にできない経営陣などなんの価値もないのだから,当然の措置だったといえる。さて,こんな不祥事が表沙汰になって,中日球団は果たしてどう釈明し,決着をつけるのか。まさか,坂井が居座り続けるようなことになったら,この球団に自浄作用は期待できないということだ。もはや未来はない。いっそ,どこかまともな会社に身売りしてくれないものだろうか。

せっかく連覇を達成したというのに,身内から冷や水を浴びせられた気分である。ドラゴンズというプロ野球チームの,30年来のファンとして敢えて言いたい。くたばれ中日!!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0