So-net無料ブログ作成
検索選択

本名は「ヘンリー」 [言葉]

ロイヤル・ペインズ~救命医ハンク~ シーズン1 DVD-BOX
「救命医ヘンリー」だと,何か変?

「救命医ハンク」を観ていた時,ハンクの弟,エヴァンが,ハンクを時折「ヘンリー」と呼んでいるのに気が付いた。何か日本人にはよく分からない暗喩なのかと思っていたのだが,USのWikipediaで"Royal Pains"を調べてみると,登場人物の紹介のところに,「Henry "Hank" Lawson」と書いてある。ってことは,「ハンク」でなくて,「ヘンリー」の方が本名なのか。しかも,「"」で括ってあるって事は,ミドル・ネームでもなくて,ニックネームってこと? でも,何故「ヘンリー」が「ハンク」になるんだろう。

欧米でよく使われる,愛称(pet name)とかあだ名(nickname)って,なかなか理解しにくい文化のひとつだと思う。単に家族や友人がそう呼んでいる,というだけでなくて,本人が名乗る時に使ったり,名刺に刷ったりしているからだ。知り合ってしばらくの間,それが本名なのだと思っていたら,後で別の正式な名前があることが分かったり。でも,普段はほとんどその名前を使わないとか。会社のDirectoryとかにも,nicknameで登録してあったりする。日本だとまずあり得ない話である。

で,正式な名前に対応する,定番のnicknameというのがあるらしい。欧米の人はそれを知っているから,nicknameから本名を推定できるようだ。有名なところだと,「エリザベス(Elizabeth)」が「リズ(Liz)」や「ベス(Beth)」になるとか,「ウィリアム(William)」が「ビル(Bill)」など。Eddie Van Halenの「エディ(Eddie)」も,本名は「エドワード(Edward)」だ。まぁこの辺は,長い名前だと呼びにくいから,短縮しているのだろうと分かる。では何故,「ヘンリー」を「ハンク」と呼ぶのだろう。「ヘンリー」そのままでも充分短くて呼びやすいと思うし,そもそも関連が分からない。

Webでいろいろ調べてみたところ,「Henry」というのは元々ドイツ系の名前で,「ハインリッヒ(Heinrich)」に相当するらしい。"heinrich"というのは"home ruler"(地域の支配者?)という意味なのだそうだ。フランスだと「アンリ(Henri)」。で,オランダに行くと「ヘンドリック(Hendrik)」になる。このオランダ名の短縮形(diminutive)が「ヘンク(Henk)」。それが転じて「ハンク(Hank)」になった...というのが定説のようである。まぁ一応繋がってはいるけど,随分遠回りですなぁ。

まぁ,欧米の人の場合,「ヘンリー」と言えば「ハンク」,「ハンク」と言えば「ヘンリー」という対応付けが出来てしまっているのだろうから,こんな由来なんて知らないのかも知れないけどね。因みに,メジャー・リーグのホームラン王「ハンク・アーロン」も,本名は「ヘンリー・(ルイス)・アーロン」なのだそうだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0