So-net無料ブログ作成
検索選択

平泳ぎの正しい泳ぎ方 [健康]

先日ちらっと書いたが,ここ数ヶ月,近所のスポーツ・クラブに通っている。何年か前に通っていたところよりも,歩いて数分遠くになるのだが,新しいので施設が綺麗。さらに,16歳以上限定なので,プールの水も綺麗...なはず。以前のところは,近所の幼稚園と契約していたり,幼児のスイミング・スクールとかをやっていたので,水質がちょっと...。そんなわけで,新しいところは,プールが使えるのが最大の魅力。

しかし,最近酷暑というほどの暑さではなくなっているとはいえ,外に出ればやはり暑い。夕方であっても,スポーツ・クラブに着くまでに汗をかいてしまうし,帰りは帰りで,せっかくシャワーを浴びたにも関わらず,家に着くまでにはもう汗だく。とてもではないが,運動しに行く気分ではなく,このところめっきりサボリ気味。ただ,この頃ちょっとズボンがきつくなってきた感もあり,先週から最低週に1度は行くことを決意。というほど立派な目標ではないし,週に1度ではあまりに不経済なのだけど,行かないよりまし。かなり久し振りだったこともあって,先週行った後は,2~3日足の筋肉痛が続いてキツかった。

水泳といえば,私はクロールがどうも苦手で,平泳ぎ専門。クロールは,よくある息継ぎが苦手,というよりも,効率的に前に進まないというのが問題っぽい。最近はともかく,10年くらい前までは,潜水で25メートルくらいは余裕だったので,いざとなれば息継ぎしなくたって泳げるはず。しかし,一所懸命手足をばたつかせても,一向に前に進まない。そのうち疲れてしまって,足をついてしまうというパターン。上手い人を見ると,ゆったりとしたペースで,すいすい進んでいくのだが,どうやったらあー出来るのだろう。一度ちゃんと教えてもらったほうがいいのだろうが,面倒なのでついつい平泳ぎで済ませてしまっている。

とはいえ,平泳ぎだって,実はちゃんと泳げていないのではないか,という危惧が以前からあった。何しろ遅いのである。クロールより遅いとかいうレベルではなくて,他の人の平泳ぎよりも断然遅い感じ。これって,泳ぎ方が正しくないのでは? ただ,残念ながら,今のスポーツ・クラブには,平泳ぎを教えてくれるクラスがない。さてどうしたものか。と,Webを検索していたら,YouTubeでよい動画を発見した。

これを見ると,今まで自分で平泳ぎだと思っていたのと,手足を動かすタイミングが全然違う。実際に試してみると,身についてしまったタイミングを修正するのはなかなか難しいのだが,ゆっくりとやればなんとかそれっぽく出来る。しかも,心なしかスムースに進むようになったような。自分のフォームが見えるわけではないので,正確にビデオの通りになっているかどうかは不明だが,明らかに改善されているように思える。こういうのって,やっぱりコツってものがあるんだねぇ。う~ん,プールの底が鏡になってればもっとよく分かるのに。

因みにこのビデオ,元ネタは「独立行政法人 情報処理推進機構」,通称IPA(私は普段「アイパ」と発音しているが,正しいのかどうかは不明。でも,以前そこに出向していた人から聞いたのではあるけど)が収集した,「教育用画像素材集」なんだとか。IPAって,こういうこともしてるんだねぇ。C言語やC++言語のコーディング作法ガイドラインとかを出している,ソフトウェア・エンジニアリング・センター(SEC)は,ここの下部組織ですな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。