So-net無料ブログ作成
検索選択

iPadで動画の音が出ない時 [ソフトウェア/PC関係]

iPad2で動画を観ようと思って,手持ちのmp4ファイルを試してみることにした。ところが,iTunesにファイルを追加して,同期を実行してみると,「このiPadでは再生できないため~コピーされませんでした。」とかいうエラー・メッセージが...。何これ。

動画ファイルのフォーマットが悪いのかと思って,真空波動研SuperLiteで確認した結果がこれ。

[XXXX.mp4]
1280x720 24Bit AVC/H.264 High@3.1 29.97fps 83610f 1333.96kb/s
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) LTP 127.60kb/s

何が悪いのかよく分からないが,H.264のプロファイルが"High"なのがいけないのだろうか。iPadの仕様には,「メインプロファイル」って書いてあるもんなあ。やっぱり,再エンコードが必要なのかな。

その後いろいろ調べてみたところ,iOS自体は,1920x1080のフルHDでも,Highプロファイルでも再生できるらしい(参考サイトのリンク)。iTunesでは転送できないが,"Files XT"という無料アプリを使うと転送できて,再生も出来るんだそうな。

早速,Files XTをインストールしてみる。iTunesと同期させると,iPadのAppタブの下の方の"App"というセクションに,"Files XT"のエントリができている(私の環境では,何故か「Files XT」という名前が表示されない場合がある)ので,それを選択して,右の「Files XTの書類」にmp4ファイルをドラッグ&ドロップする。自動的に同期が始まるので,終わるのを待って,iPadでFiles XTを起動すると,転送されたファイルが見える。これを選択すれば,再生を開始できる。確かに,Highプロファイルなのに,映像は再生できるようだ。しかし,今度は何故か音が聞こえない。ボリュームが0になっている訳ではない。ではどうして?

怪しいのは,真空波動研の出力にある,AACの「LTP」という部分だ。AACの詳細には詳しくないのだが,LTPはH.264でいうプロファイルのようなもので,符号化方式が拡張されたものらしい。iPadの仕様には「AAC-LC」と書かれているので,LTPはサポートできないのだろうか。

問題のAACは,FAAC GUIというフリーのツール(faacのソース・コードを取ってきて自分でコンパイルする)を使ってエンコードしたもの。FAAC GUIのパネル上は,「AAC Object Type」が「Low Complexity」(=LC)に設定されている(しかも他に選択肢がない)のだけど,これが嘘なんだろうか。そこで,別のフリーのAACエンコーダー「Nero AAC Encoder」を試してみることにした。これは,「Nero AACコーデック」というパッケージの中に含まれている,コマンドライン・ツールである。mp4boxの「-raw」オプションで,mp4ファイルからAACを取り出し,faadでWAVEファイルに変換した後,neroAacEncでAACへ再変換。できあがったものを,再び真空波動研で見てみると,

[XXXX.aac]
AAC 48.00kHz 2.0ch(2/0 L+R) HE(LC) 164.24kb/s

となった。「HE」というのが気になるが,LTPではなくてLCになっているようだ。iPadの仕様に書かれているよりビットレートが若干高いが,取り敢えずこれで試してみる。Yambで映像とAACをMUXしてmp4ファイルを作成し,iTunesに登録。同期してみると,今度はちゃんとiPadへ転送された。ってことは,H.264のHighプロファイルは関係なかったのね。肝心の再生の方も,標準アプリの「ビデオ」でまったく問題なし。音もちゃんと出る。Files XTは必要なかったみたい。

という訳で,動画の音が出ない場合は,AACのエンコーディングを疑ってみると良いかも,というお話。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。