So-net無料ブログ作成
検索選択

フラックス [電子工作]

サンハヤト HC-101F 基板製作用 必要な部分にピンポイントで塗布できるフラックス
サンハヤトの「フラックス・ペン 細字タイプ」。半田付けするリード線なんかに,きゅきゅっと塗りつける。

先日,半田付けのことを書いた際に,錫メッキ線の半田の乗りの悪さについて触れた。後から考えてみると,これってフラックスを使えば済むことなんではないか?

フラックスというのは,昔はよく「ヤニ」と呼んでいたやつで,半田付け対象の金属表面の酸化物を除去し,半田が金属に染み込みやすいようにするためのもの...らしい。この辺の話については,「はんだマニアックス」というサイトが参考になる。ともあれ,半田付けにフラックスは必要不可欠。でも,普通は「ヤニ入り半田」とかいって,糸半田の中に微量のフラックスが含まれていることが多い。なので,わざわざ別途フラックスを用意する必然性ははない。

さてこのフラックスには,もうひとつ,界面張力を減らす作用があるそうだ。錫メッキ線が半田をはじいてしまってうまく付かないのは,界面張力のせいでは? 半田に含まれている微量のフラックス程度では,錫メッキ線の界面張力に勝てないのかも知れない。あるいは,作業にもたついている内に熱で蒸発してしまい,本来の効果が発揮できていないのかも。それならフラックスを足してやればいい。そう考えると,試してみたくてうずうずしてきたので,早速フラックスを購入してみることにした。小瓶入りのハケで塗るタイプもあったのだが,扱いが便利そうなペン・タイプのものを選択。サンハヤトの「フラックス・ペン 細字タイプ」である。

果たして錫メッキ線の半田付けに効果はあるのか。実験してみたところ,劇的に...というほどまでではないものの,明らかに半田の乗りはよくなっている感じ。少なくとも強烈にはじくことはない。仕上がりはまだまだ不細工だけど,しっかりくっつくようにはなったようだ。これは便利である。

もともと半田付けは上手くないのだけど,最近ちょこちょこやってるせいで,少し慣れてきたかな。半田が溶ける時のものか,フラックスのものかは分からないけど,半田付けの時のあの独特の匂いが結構好き。しかし,せっかく慣れてきても,ちょっと間が空くと忘れてしまうんだよね。感覚が戻る頃には,作業は終わってしまうし。かといって,そうそう作るものもないしねぇ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。