So-net無料ブログ作成
検索選択

緊急退院~! [愛犬]

緊急オペから一夜明けた昨日,結局心配な方が勝って,面会に行ってきた。

案の定,こちらの顔を見るや否や,きゅぅん,きゅぅん,と鳴きだして止まらず,大騒ぎ。何で昨日置いて帰っちゃったの? 早くおうちに帰ろう。あたかもそう言っているかのよう。一晩離されていた悲しさや淋しさや愚痴を,切々と訴えている感じで,宥めるのが一苦労だ。果たして,今日も病院に残して帰れるんだろうか。

獣医の先生からの説明では,術中も術後も安定していて,回復も順調。とっても細かく説明してくれるので,専門的なところが今ひとつ分からないが,各種の検査値も順当に推移しているとのこと。お腹の傷跡と縫合の糸が痛々しいが,外部への出血は止まっていて,問題ないそうだ。切除した子宮から卵巣までの写真を見せてもらったが,とっても生々しかった。所々,ソーセージみたいに捩れていて,状況の深刻さを物語っている。でも,エコーと見比べて,ここがここです,って説明されても,さっぱり読めない。医者にならなくて良かった...。

「但し,気になる点があるとすれば...」と先生が意味深長に切り出した。何か良くないことが? と身構える私。「ごはんを全く食べてくれません。」

あー!! それは,そうでしょうねぇ。それでなくても好き嫌いが激しくて,所謂普通のドライのドッグ・フードは大嫌い。家族のいないところに取り残されて意気消沈しているラナが,何かを食べるはずがない。病院のスタッフにも,他の犬にも一切興味を示さず,自分の殻に閉じこもっていたらしい。メスを入れた傷跡も痛かったろうしね。

本当はあと2晩入院の予定だったのだけど,ごはんを食べずに土曜まで引っ張るリスクを考慮して,先生が退院を許可してくれた。大丈夫か,と思ったのだけど,避妊手術などでは,翌日に帰すことも珍しくないそうだ。そうでなくても,今日残して帰ったら,大変な騒ぎになるだろうし,却って術後の身体に悪影響がありそうだ。

かくして,急転直下,家に戻ってきたラナちゃん。病院にいたときとは打って変わって,落ち着いた表情。いつも食べている大好きなごはんにも飛びついてきた。いきなり沢山あげないように,と注意されていたので少しずつ小出しにしているのだが,もっと欲しいとねだる始末。まともに食べたのが日曜以来だから,お腹すいてたんだろうね。それだけ元気が戻ってきたということだ。本当によかった。

予定外に早く帰ってきてくれたのはいいけれど,さすがに独りで置いていくわけに行かないので,明日は急遽休暇に変更。もっとも,家でちょこちょこ仕事することになりそうだけど...。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0