So-net無料ブログ作成

春雨補充 [酒]

春雨カリー 30度1800ml

先日,沖縄物産の店で買って飲んで以来,すっかり泡盛「カリー春雨」が気に入ってしまった。のだが,ロックで飲んでいるので,4合瓶ではあっという間になくなってしまう。残り少なくなるにつれ,心許ない,悲しい気分になって来るので,楽天で買える店を調べてみた。「春雨」を扱っている店はそれなりにあるのだが,やはりどこも送料が高い...と思っていたら,1軒だけかなり送料の安い店を見つけた。「増田屋本店」という栃木のお店で,関東地区向けだと,1升瓶2本まで440円,3本だと460円。このくらいなら,送料も気にならない。しかもカリー春雨そのものの値段も最安値に近い。っていうか,この間買った4合瓶とほとんど同じ?!

それなら,ということで,早速購入することにした。このお店では,ほかにも春雨シリーズを何種類か扱っていたので,試しに少し高めの「春雨ゴールド」も一緒に注文。その日の内に発送され,翌日には到着した。こういうスピーディーさはとても印象がよい。在庫が安定しているようなら,重い思いをして1升瓶を持って帰ってくる必要もないし,このまま「春雨」をメインに据えてもよさそうだ。

発送のお知らせが来たときに,「しまった!」と思ったのは,「箱代」。送料は確かに440円なのだが,290円が箱代として加算されている。送料の説明のところにちゃんと書いてあったのだが,完全に見落としていた。この店では,1升瓶/4合瓶合わせて3本未満だと,破損防止用にペリカン便の専用箱を使うため,別途箱代がかかるのである。そういえば,近所の行きつけの酒屋さんで,似たような話を聞いたことがあるのを思い出した。その店も楽天に出店しているのだが,やはり破損防止用に別途箱代を取るケースがあるのだそうだ。しかし,ちゃんと販売ページに告知しているにも関わらず,ろくに読まずに注文して,後から箱代にクレームをつける客が結構いるらしい......はい,ろくに読まずに注文した客は私です。さすがにクレームつける気はありませんけれども。ネット販売は,全国の人を相手に商売できるメリットは大きいものの,「顔」が見えないことでうまくコミュニケーションが取れず,トラブルになることも少なからずあるのだそうだ。

まぁ,ネット販売でなくても,どう考えても理不尽なクレームを店につける人は多いらしいけどね。買ったケーキを,帰る途中に落としてダメにしたから,新しいのをタダでよこせ,とか。アホか? と思うけど,大きな企業ほど,面倒を嫌って,言われる通りにしてしまう傾向があるようだ。恐喝やたかりの類と大差ありませんな。ゴネ得というか,自分だけ良ければいいっていう,身勝手な人間が結構多いみたい。これは,「お客様は神様です」なんていう昔流行った言葉で勘違いして,思い上がってしまっているんではなかろうか。つーか,「神様」なら神様らしく振舞えと。クレーム対応だって,「タダ」じゃないんだけどねぇ。で,そういう非常識な人間のツケが,ほかの人に回って来るわけだ。ムカつく。

まぁ,ともあれ,ストックもできたことだし,しばらくは心置きなく「春雨」を楽しめそう...ん~...でも,2本じゃ足りなかったかな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0