So-net無料ブログ作成
検索選択

4代目デジカメ購入 [買い物]

Panasonic SV-AS30-T SDマルチカメラD-Snap
D-snap 自分が
持ってるのは赤

このblogに載せた写真は,最初の数枚を除いて,PanasonicのD-snapを使って撮っていた。3年ほど前,「あゆの切り札」とかいうコピーで発売された,ちょうど初代iPod nanoくらいの大きさの小型デジカメである。しかし,夜の室内で小物を撮るとどうもピントが甘くなってしまうようだ。他に,約7年前に購入した初代IXY DIGITALがあるのだが,バッテリーが予備のものも含めてへたりまくり。フル充電したつもりでも,3枚くらい撮るとバッテリー切れになってしまう。ふだんあまり写真を撮ることがないため,過放電になってバッテリーが弱ってしまうのだろう。これでは何かと不便なので,新しいデジカメを買うことにした。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX L6 チタンシルバー
Nikon COOLPIX L6

これからバリバリ写真を撮っていくぜっ!て訳ではないので,2万円前後くらいでコンパクトなものにしたい。持ち歩くのが面倒なようだと,結局また使わないで終わってしまうので。選択のポイントは,単3電池が使えることと,SDカード。単3電池なら,いざというときどこでも手にはいるし,2次電池も安くて使い回しが利く。SDカードも,身の回りにSDカードを使うモノが多いので,それで統一して使い回ししたい,という意図がある。この2点を満たすものということになると,もうほとんど選択肢がない。そういう経緯で,NikonのCOOLPIX L6に決定。19700円の15%ポイント。価格.comの最安値が15780円なので,まずまずというところだろう。電源用にはSANYOのeneloop4本と充電器のセットを買ってみた。自己放電の少ない,画期的な2次電池ということで,前から気になっていたヤツである。使用頻度の少なそうな自分にはぴったりだろう。

ラナで試し撮り

さて,肝腎の撮影画像はどんなものかというと,はっきりいって難しいことはよく分からない。少なくとも,今回の目的には充分な画質だと思われる。そもそも600万画素もいらないんだけどね。でも,初代IXY DIGITALが実売6万円くらい,10年前に初めて買ったSANYOのDSC-V1が実売6万5千円くらいだったことを考えると,随分と安くて高性能になったものである。

[追記]
メーカーのHPを見ると上位機種のL5と同じように「手ブレしない」と書いてあるが,L5はメカニカルなVR機構なのに対し,L6は高感度対応だけなので注意。手ブレ補正が必要な場合は,PanasonicのLUMIX DMC-LS2が安くて良さそうだが,去年3月発売なので,すでに在庫は少ない模様。次機種は出るのだろうか?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0